新生児のミルクの作り方。適切なミルクの温度は?

念願の赤ちゃんを出産、
そしてあと数日で産婦人科を退院!

でも、産婦人科で教えてもらったミルクの作り方、
なかなか覚えきれない。。。

そんなお悩みありませんか?

そこでこのページでは
新生児のミルクの作り方についてわかりやすく説明します。

[adsense]

これが基本的なミルクの作り方

基本的なミルクの作り方ですが
以下の通りです。

  1. 手を洗う
  2. 哺乳瓶にお湯を入れる
  3. 粉ミルクを量って入れる
  4. ミルクを溶かす(ダマにならないように注意)
  5. お湯を足す
  6. ミルクを人肌まで冷ます

手を洗う

当たり前ですが、
まずはミルクを作る前に、
ママ・パパの手を石鹸できれいに洗いましょう。

新生児は菌に敏感なので、
なるべく清潔な状態を保ちましょう。

哺乳瓶にお湯を入れる

作りたいミルクの半分くらいの量のお湯を
哺乳瓶に入れましょう。

お湯の温度は70度以上です。
その理由は、粉ミルクの滅菌が目的です。

乾燥している粉ミルクですが、
サルモネラ菌やサカザキ菌が入っている事があり
それらの菌は乾燥していても生きているため、
それらの菌を滅菌するため70度以上のお湯で調乳しましょう。

粉ミルクを量って入れる

粉ミルクの缶に付属で入っている計量スプーンで、
作りたいミルクの量の粉ミルクを
「すりきり」で哺乳瓶に入れましょう。

ミルクを溶かす(ダマにならないように注意)

今までの作業で
「必要量の半分のお湯」+「粉ミルク」
になっていると思いますが
その粉ミルクがダマにならないように
哺乳瓶を軽く回すように揺らしながらしっかりと溶かしましょう。

哺乳瓶を上下に振ると、ミルクが泡立つので、
そうならないように
あくまでもゆっくりと回しながら溶かしていきましょう。

お湯を足す

今までの作業で
必要量の半分のお湯に粉ミルクが溶けている状態
だと思いますので、
残り半分のお湯を、この段階で足して行きましょう。

ミルクを人肌まで冷ます

今の段階では
70度近くの熱いミルクの状態ですので
赤ちゃんが飲みやすいように
人肌まで冷ます必要があります。

冷ます温度の目安は
腕の内側にミルクをたらし、
少し温かいなと感じる程度の温度です。

※早く冷ましたい場合は水道水を使っても良いですが
水道水ではすぐに温度が冷める可能性もありますので
少しずつ冷ましてあげる方が良いです。

[adsense]

ミルク作りにおすすめなのがコレ

このページをお読みのあなたに
ミルク作りにオススメの商品があります。

それが「ウォーターサーバー」

というのも、
上の作業の中で一番手間取るのが
実はお湯を作る際です。

あまり高い温度のお湯では冷ますのが大変ですし、
また子育てで忙しい時に
お子さんが泣いてすぐにでもミルクが欲しい時に
お湯を沸かすことは実に難しい作業です。

でも、実は
ウォーターサーバーの場合、
水を出すだけでなくて
70度程度のお湯を出してくれる機能があるんです。

だからウォーターサーバーがあることで
お湯が欲しい時にすぐにお湯を出すことができますよ。

忙しい子育てを少しでも楽にしませんか

ウォーターサーバーを今すぐ無料体験する

アクアクララ無料お試しプラン