トイレ 和式から洋式

和式トイレを洋式に
リフォームする費用や工期を
完全解説!

補助金の活用方法や業者選びで
おすすめの方法もご紹介。

「現在、自宅のトイレが和式で、
洋式トイレへのリフォームを考えている。

でも費用や工事期間などが分からず
中々リフォームに踏み切れない」
そんな方も多いのではないでしょうか?

そこでこのページでは
和式トイレから洋式トイレへリフォームする際に
必要な一般的な費用相場や工事期間,
「補助金の活用方法」「業者の選び方」もご紹介します。

ですので
「ひょっとしたらリフォーム代が高いんじゃないかな?」
工事日数はどれくらいかかるのかな」
「トイレのリフォームに補助金は使えるのかな?」


お悩みの方は
ぜひこの記事を参考にして
お得なリフォームを成功
させてくださいね。

和式から洋式へのリフォームにかかる費用は、
だいたい
「30~50万円」が一般的な相場で、
トイレ全体のリフォームが必要になる分、
洋式から洋式へのリフォームと比べて高額になりがちです。

ただ、その金額には
「洋式トイレ本体の値段」だけでなく
・壁紙や床を貼り替える必要があるか?
・配管や電線を工事する必要があるか?

など
様々な条件によって金額が大きく変わってきます。

和式から洋式トイレへの
リフォーム相場の費用の内訳は、大きくわけると
「商品代金」と「作業費用」の2つになります。

このうち
「商品代金」はどこの業者でリフォームしても
大して変わらないですが
「作業費用」は業者によって様々です。

そのため
同じ洋式トイレにする場合でも
出来るだけ安く済ませたいなら
いかに「作業費用が安い業者を選ぶか」がポイントとなります。

ですので
トイレ工事を希望していて費用が気になる方は、
費用を安くするために
複数のリフォーム会社から見積もりを取ってみることを
おすすめします。

和式トイレから洋式にリフォームする際の工事期間ですが
工事の内容によって様々です。

というのも
便器を交換するだけであれば
1日あれば終わります。

ですが
壁紙や床を張り替えたり、
配管・電線の工事も同時に行う場合は、
工事のために長めの日数が必要になり、
数日かかることもあります。

当然、その工事期間中は
自宅のトイレが使用できないため
スーパーやコンビニなどでトイレを済ますか、
介護用ポータブルトイレ・災害用簡易トイレなどを用意する
といった対策が必要です。

なお
別途費用がかかる場合もありますが、
リフォーム会社によっては
仮設トイレの設置を依頼できるところもあります。

仮設トイレが必要な場合は
リフォーム前にリフォーム会社に費用も含めて確認
してみましょう。

ご自宅の状況やトイレの種類によっては
介護保険補助金
リフォーム費用の援助が受けられる場合があります。

たとえば
介護保険の被保険者と同じ住宅に居住している場合、
バリアフリー目的のトイレのリフォームでは
介護保険で20万円までを上限に
費用の9割(一定以上の収入がある場合は8割)を
国が補助してくれます。

この介護保険では、
「洋式便器等への便器の取替え」も対象になっているため、
バリアフリーでなくても、
洋式トイレへの変更だけでも補助金が支払われるケースもあります。

またトイレを節水型トイレに交換すると
「節水型トイレ設置費補助金」
という市区町村の補助金を利用できる場合もあります。

このように
ご家族の状態やトイレの種類によっては
介護保険や補助金を活用することで
自腹で払う費用を安く抑えることもできますので
「補助金を活用して、安くリフォームをしたい!」という方は、
リフォーム前にリフォーム会社に確認してみることをおススメします。

以上が
和式から洋式トイレにする際の費用の相場や
工事期間、補助金の内容ですが
ポイントをまとめると

ということが言えます。

ただ
複数の業者に
・金額

仮設トイレの有無、
・補助金について

などを毎回確認するのは大変ですよね。

そんな方に
おすすめしたい便利なサービス
リショップナビという
サービスです。

リショップナビとは、
web上で
複数のリフォーム会社の見積もりを、
かんたんに比較できるサイトです。

リショップナビの使い方はカンタン。

お申し込みには

の3つを答えるだけ。

最短わずか10秒の入力で終わります。

その後、
リショップナビのコンシェルジュが
あなたにご希望のリフォームの詳細を
お電話でヒアリングして
ご希望条件にぴったりの
リフォーム会社を紹介してくれます。

その際に
補助金に関する質問などもできますので、
もしリフォームで分からないことがあれば
コンシェルジュに遠慮なく聞いてくださいね。

またリショップナビを利用することで
相場よりかなり安い料金で
トイレのリフォームをすることができます。

実際
リショップナビで
リフォーム会社を比較して
40%もリフォーム代が安くなった人もいるそうですよ。

ぜひ
リショップナビを使ってリフォーム会社を比較して
お得な金額でトイレのリフォームに成功してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました