立ち仕事 足のむくみ

1日中、立ち仕事。
そんな時に悩むのが足のむくみの症状。。。

高いヒールを履いていたり床が硬かったり、1日中立っていたりすると、
脚に負担がかかってしまい、
帰る頃には「もう脚がぱんぱん」ということもあるのではないでしょうか。

そんな足のむくみには着圧レギンス がおすすめです♪
そこで今回は
立ち仕事におすすめの 着圧レギンスを3つ厳選してご紹介します。

立ち仕事の足のむくみから解消されたい人は
是非このページを参考にしてくださいね。

どうして、足のむくみには着圧レギンスが良いの?

足のむくみは、長時間の立ち仕事で血液がうまく循環せず、
足に血流が滞ってしまうことで起こります。

そこで
むくんでしまった足に
着圧レギンスで適度な着圧を加えることで
足の血液循環を促し、むくみのトラブルにアプローチできます

また着圧レギンスは
単に締め付けるだけではなく
疲れた脚を包み込み、ギューッと心地よい圧で引き締めることで
マッサージ効果を得ることが出来るため、
足のスッキリ感を求めている人にもおすすめです。

そのため
足のむくみで苦しんでいる人が着圧レギンスを履くと
その着圧効果によってむくみ予防&マッサージ効果を得られるんです。

着圧レギンス の選び方

そんな足のむくみに良い着圧レギンスですが
市場では様々な商品が販売されています。

この着圧レギンスについて
「どれを買っても効果は同じ・・」と思うかもしれませんが、
実は正しい選び方があるんです。

そこで、着圧レギンスを選ぶ際に
重要なポイント3つをご紹介します。

1.足だけでなくお腹もしっかりケアしてくれること

レギンスといえば、”足だけを覆うもの”というイメージがあるかもしれませんが
着圧レギンスの中には足だけでなく、お腹もしっかりケアしてくれる商品があります。

血液循環の観点から考えると
足だけでは、どうしても締め付け効果が十分に得られなかったりするので
できれば足だけでなく、お腹までしっかりケアしてくれる商品を選びましょう。

2.部位ごとにしっかりと着圧が設計されていること

着圧レギンスは足を締め付けて着圧することで、血流促進を促すわけですが
脚への刺激は、ただ単に強い加圧を与えればいいというだけではありません。

なぜなら、着圧力が強すぎると足に痛みを伴ったり、
締め付けすぎることで逆に血流を停滞させ、足のむくみが悪化することもあるからです。

ですので、ただ単に締め付けが強いだけでなく
足首、ふくらはぎ、太ももと、
部位ごとに適度な締め付け力が設計されているものを選びましょう。

3.長時間履いても苦しくならないかどうか

「締め付けが強いレギンス」の場合、
そのせいでどうしても蒸れたり、履いているのが苦しかったりします。

そのように着用自体に不快感を感じると
継続的に使うことができず元も子もありません。

このようなレギンスは使ってこそ意味があるものですので
長時間履いても苦しくならないかどうかということも、
着圧レギンスを選ぶ重要なポイントです。

人気の着圧レギンスを徹底比較!

見出し00(th) 見出し01(th) 見出し02(th) 見出し03(th)
見出し10(th) 見出し11(th) 見出し12(th) 見出し13(th)
見出し20(th) 見出し21(th) 見出し22(th) 見出し23(th)

タイトルとURLをコピーしました