自動車 走行距離 寿命_zbt

自動車の寿命はどれくらい?
【乗り換えで損しない】
走行距離の目安はコレ!

自動車の寿命ってどのくらいなの?
  いつ買い替えればよいのか、
 よくわからないよ。。。

そんなお悩みありませんか?

実は
自動車の買い替えには、最適なタイミングがあり
そのタイミングを逃してしまうと、
余分なお金がかかり、損をしてしまう可能性が高いです。

そこで
この記事では、

・自動車の平均寿命はどのくらいなのか
・それ以上乗り続けることのリスク

について説明します。

これを知らないだけで数十万円損するかもしれませんので
ぜひ、この記事を最後まで読んで
自動車の乗り換えで損しないようにしてくださいね。

自動車を乗り換える走行距離の目安は10万キロ

まず
一般的な自動車の走行距離は
「10万キロ~15万キロ」が寿命
と言われています。

その理由は
安全走行に関わる
エンジンやタイミングベルトなどの寿命が
だいたい走行距離10万キロから15万キロだから
です。

そのため
自動車の走行距離が10万キロを超える前に
自動車売却を検討されることをおすすめします。

10万キロを超えた自動車を乗り続ける金銭的リスク

自動車の寿命が10~15万キロといっても
まだ乗れるし、大丈夫でしょ
」と思っている方、
そのまま乗り続けることで大損するかもしれません。

というのも
実は寿命が近づいた自動車に乗り続けることで
金銭的なリスクが大きく跳ね上がるためです。

車の故障や車両火災のリスク

まず
自動車を乗り続けることで自動車部品が劣化しやすくなり
自動車の故障のリスクが高まります。

たとえば、
とても重要なエンジン部品の一つであるタイミングベルトが切れることで
エンジン内の他のパーツと干渉し、
エンジンが故障し走らなくなったり、最悪の場合は車両火災が起こります。

また
エンジンや安全装備など、
自動車の重要な部品の保証が「5年10万キロ」になっていますので、
そういう意味でも
「走行距離10万キロ」で車を乗り換える事は一つの目安となります。

車検費用や部品交換費用の高額化

長く乗った車は、様々なパーツも劣化している可能性があり
それらのパーツの故障によって他パーツの故障を引き起こす可能性もあるため、
古い車であればあるほど修理や車検費用も高くなります。

また
古くなった車は市場にパーツの在庫数が少なく
取り寄せになる事も多い
ため部品交換も高額になりやすいのが現状です。

特にエンジンが故障してしまうと、
その交換に50万円以上かかる事もあると
古い車の部品交換はかなり高額になってしまいます。

過走行車は燃費が悪い

さらに走行距離10万キロとなると、
車の劣化だけではなく購入時より燃費もかなり悪くなっており
場合によっては燃費が新車と倍以上違うことも。

そのため
仮に新車時の年間のガソリン代が10万円だとすると
10年後には年間20万円以上のガソリン代が必要
になります。

車を売りに出しても価値がつかなくなる

車は寿命に近づくと、買取に出しても
廃車としての価値しかつかないことがほとんど
です。

また、中古車市場的にも
走行距離10万キロを超えた車は市場価値が大幅に下がる傾向があります。

そういったことからも、
10万キロを超えて買取金額が下がる前に
自動車を売却して新しい車に乗り換える

というのがベストな選択肢なのです。

現在&6か月後の自動車の査定額が
32秒の入力で分かるサイトがコレ

とはいえ、
今まで大切に乗ってきた愛車ですので
本当に、今自動車を売っても良いのかな?」と悩む場合もありますよね。

そんな方にお勧めの車査定サービスが
ズバット車買取です。

ズバット車買取 3つの特徴

・スマホからわずか32秒の入力で今の愛車の買取額が分かる

・全国200社以上の中から最大10社に査定依頼

・今だけでなく6か月後の相場も分かる

ズバット車買取なら6か月後の査定額も分かる

ズバット車買取の特徴は何と言っても
6か月後の車の買取相場が分かる事」です。

ズバット車買取は今までに250万人以上の査定実績があり
そのデータや全国の中古車売買データをもとに
今の自動車の査定価格だけでなく、6か月後の査定価格の相場も分かるんです。

そのため、
売却時期で悩んでいる方は
その相場を参考に

今売るかどうかを検討することができます。

ご利用はもちろん無料ですので、
もし今あなたが

そろそろ自動車も寿命かな。
でも、もうちょっと乗ってみたい気もするな

という気持ちをお持ちなら
とりあえずズバット車買取
お乗りの自動車の今と6ヶ月後での査定価格の差を確認して
売却タイミングを判断してみてはいかがでしょうか?

ズバット車買取なら最大10社と比較できるから
自動車売却の最高価格がわかる

もし、
今すぐ自動車を売るとしても、
査定結果次第でもう少し乗り続けるとしても
自動車にできるだけ高い値が付いた方が良いことは確かですよね。

当然、新車の購入時には頭金が必要ですので
もし、自動車が高く売れるのであれば、
その頭金として自動車の売却金額が使えますしね。

そんな「車を高く売りたい」方にもズバット車買取がおすすめなんです。

というのもズバット車買取の場合
1度の査定依頼で全国200社以上の会社の中から
あなたの自動車の車の状態にあった
最適な買取会社10社が愛車を査定
してくれます。

そんなズバット車買取だからこそ
今までも高値売却の実績がたくさん存在!

[ズバット車買取] 高額買取の事例

だから、ズバット車買取を利用した方も大満足しているんです。

ズバット車買取 利用者の声

・一気に最高の査定額が出せるので、とても便利。

・ディーラー査定との差額が75万円あり、今でも信じられません。

・廃車しかないと思っていた車が高額で売却でき、自分でもビックリしてます 笑

下取り時に8万円と言われた車が29万円で売却できました!

・しつこい営業もなくスムーズに取引でき大満足です。

ですので
もし、あなたが自動車を1円でも高く売りたい場合は、
ぜひズバット車買取を利用してくださいね。

[補足]
中古車バブルの今のうちに売っておいた方が得かも

今、中古車の買い取り価格が
上昇しているって知っていますか?

中古車オークション最大手の「ユー・エス・エス」によりますと、
昨年10月の中古車の平均落札価格は、
一昨年の10月より11%高い93万8000円です。

しかも、
17カ月連続で前の年の同じ月を上回り、
過去最高の買取価格
ということで
中古車買い取り価格は今、バブル状態にあります。

実際、この中古車買い取価格の急上昇は、
テレビでも取り上げられるほどのニュースになっています。

なんでも、コロナで自動車工場の稼働が落ち込み
世界的な半導体不足などで、新車の生産が追い付いていないことで
一時的に中古車を買う人が増え、需要が増えているのが価格UPの理由
とか。

当然、半導体の生産が間に合い、
ドンドン新車が納車されていくことで
中古車の需要も落ち着き
今後中古車の買取価格も今より下がっていく
ことが予想されます。

つまり、
車を売るなら中古車バブルの今のうちに売っておいた方が得かもしれません。

ですので、自動車の寿命が近づき
できるだけお得に車を乗り換えたいなら
ぜひ、この中古車バブルの波に乗り遅れないでくださいね。

現金10万円のプレゼントキャンペーン実施中

現在、「ズバット車買取」では、夏の大感謝祭キャンペーンとして
サイト経由で車を売ると現金10万円が1名にプレゼントされるキャンペーンを実施しています。

通常の買取価格も高額なのに
それに加えて10万円がもらえる可能性があり

当たればかなり嬉しいですね!

契約金額5,000円以上の車を売却した後、
アンケートメールに回答することで
自動的にキャンペーンに応募できます。

現金10万円貰えるキャンペーンは
9月1日までの期間内のお申し込み限定
ですので
お早めにお申し込みくださいね。

ズバット車買取での査定お申し込みはコチラ

タイトルとURLをコピーしました