妊婦花粉症対策ナビ

妊婦って花粉症の薬を飲んでいいの?

妊婦でも花粉症にはなる・・・

花粉の舞うこの季節、花粉症には大変な季節がやって来ました。 ただでさえ、妊娠による体の変化でつらいのに、 花粉症が重なったら大変ですよね。 なんか花粉症だったら、 お腹の中の赤ちゃんにも悪い影響与えそうだし、 この花粉症、早くなんとかしたいもの。 そこで、当サイトでは 妊婦の花粉症に役立つ情報を掲載しております。 花粉症でお困りの妊婦の方は、 このページをぜひご活用くださいね☆

花粉症は赤ちゃんに悪影響?

花粉症の症状が出ると、赤ちゃんへの影響がないかと心配ですよね。 くしゃみでお腹に力がかかるし、 その力で赤ちゃんに何かあったらと思うと。。。 でも、結論から言うと くしゃみでお腹に力がかかっても 腹圧がかかるだけで、子宮収縮が起きるわけではないので 直接赤ちゃんへの影響はありません。 ですので、花粉症の心配はあまりしないでくださいね☆

花粉症の薬は飲んで大丈夫?

ただ、赤ちゃんに影響がないと言っても 花粉症が続くとストレスの原因になりかねないので、 できるだけこの花粉症、なんとかしたいですよね。 通常、花粉症というと 耳鼻科でアレグラやアレジオンが処方されるイメージですが、 妊婦でも花粉症の薬を飲んでも影響ないのでしょうか? 結論から言うと、妊娠5ヶ月までは避けたほうがいいと思います。 と言うのも 日本アレルギー学会が毎年出している、 「鼻アレルギー診療ガイドライン2013」によると 「内服薬の使用は妊娠5ヶ月までは避けたほうがいい」と記載されているからです。 花粉症の薬である抗アレルギー剤は毎日飲む薬ですので、 薬剤が一定濃度で体内にとどまる事になります。 お腹の中にいる時の赤ちゃんの体は お母さんの体の一部である訳なのですから その薬剤にさらされている状態になってしまいます。 ですので、 妊娠しているときはできるだけ、花粉症の薬は避けましょう。 (また、授乳期も避けたほうがいいと言われています。) ただ、薬を飲んではいけないといっても花粉症、なんとかしたいですよね。 そんなあなたにおすすめなのが、「くしゃみとオジャラバ」です。 「くしゃみとおじゃらば」とは じゃばらという果物成分が入った花粉症対策サプリです。 このじゃばらですが、 「花粉症の症状を和らげる効果がある。」ということが 岐阜大学大学院医学系研究科の臨床実験でわかっています。 (情報ソース:医学雑誌「臨床免疫・アレルギー科」2008年9月号) そのじゃばらをギュッと濃縮したサプリが 「くしゃみとオジャラバ」なのです。 やはり、じゃばらが多く含まれているサプリということで 多くの方が効果を実感しているようです。 しかも、このサプリ、 あくまで果物を濃縮したサプリであって、薬ではないので、 妊婦の方でも安心して飲んでいただくことができます。 もし、あなたが 「これ以上花粉症で悩みたくない!」と思われるなら、 一度試して見られることをオススメします☆ くしゃみとオジャラバはここから購入可能です。 なお、肝心の料金ですが、 1袋60錠入りで2,980円です。 (だいたい1日2錠を目安に飲むように書いていますので  この1袋で1ヶ月分となります。) 上記のように、2袋3袋とまとめ買いすることで安くはなりますが、 体質によって効果が実感できる・できないもあるでしょうし、 花粉症のピークが何ヶ月も続くということもないでしょうから、 まずは1袋だけでも買ってみて、効果を実感できそうだったら続けてみる というのをオススメします。 「妊娠だけでもストレスなのに、花粉症のストレスまで感じたくないよ」 という方は、是非ご検討ください。 くしゃみとオジャラバはここから購入可能です。